転勤ママの日々あれこれ

快適でHappyな暮らし創造中。子育て自分育てしてます。食いしん坊でお茶が大好き。

コードレス掃除機購入〜ダイソンではなく東芝を選んだ理由〜

引っ越しして約1カ月。
なんだか掃除機の吸引力がないのと、充電後なのにすぐに動かなくなる。
 
これはバッテリー交換の時期だろうか。
 

にんじん家はコードレスタイプの掃除機を使っていました。

通販生活』でピカイチのマキタの掃除機です。
 
マキタの掃除機良かったんです。

5年間しっかり働いてくれました。バッテリーも普通なら1、2年で交換だというのに何故か5年間持ちました。(最初の頃はたまにしか使わなかったからかな、でも残り3年は毎日使ってましたよ。)

軽いし、白のカラーも好きだったし、価格も1万ちょいでお手頃だし、紙パックだし!(紙パックだとそのまま捨てれるし、塵が舞わないから良いよね)
 
でもね、やっぱりコードレスで紙パックだと威力が弱いんだな。
紙パックもすぐいっぱいになるし。

しかもバッテリー交換が5000円くらい。
でももしそれで吸引力が変わらなければ修理だそうです。
修理の分解に2500円くらい、それで部品交換になるとさらに加算。。

それってもしかしたらマキタの新しい掃除機(5年経つと性能の良い製品にモデルチェンジしてるし!)が買えるくらいの修理費用になるかもしれないじゃない⁈
 
それならば、、ということで新しいコードレスの掃除機を購入することにしました。
どうせ買うならマキタじゃなくて他のメーカーも検討することに。

電気屋やネットで調べて最終気になったのがダイソンと東芝
 

 

Dyson V6 Animalpro SV08MHCOM SV08MHCOM

Dyson V6 Animalpro SV08MHCOM SV08MHCOM

 

 

ダイソンのいいところ

・吸引力
・連続40分稼働
・静か(新商品らしい。音を気にする日本向けの商品なのかな)

ダイソンの気になるところ

・重い
・デザイン・色が好みではない(旦那は掃除機のデザインなんて関係ある?って言ってたけど私には大いに関係あり!だってキッチンに出して置いていたい)
吸い込み口が幅広。(細かいところに入らない。これは日本家屋には向かないのでは)
・高い(7万くらい)
・充電器を立てらせて使うには壁に穴を開ける必要がある。(転勤族賃貸の為、不可能。横たわらせておくのは不便)

 

 

 東芝(VC-CL1200)のいいところ

・軽い(1.9キロ。ちょっと高いところもどうにか持ち上げれるかな)
・カラーが白も有り。
・安い(4万くらい。ちょうどモデルチェンジ前だからか)

東芝(VC-CL1200)の気になるところ

・強モードだと6分しか動かない(カタログ記載時間なので実際にはもっと短いのではと思った。自動モードだと6~20分)
・吸引力はダイソンに劣るらしい
・毎回解体して充電
 
迷いましたが東芝を購入。
稼働時間にあわせて20分くらいと決めて掃除すればいいことだし、毎日すべての部屋を掃除機かけなくてもいいしね。
重量1.9キロでも部屋から部屋へ持ち上げたりしてると私的にはちょっと重いなとも思うのでこれより重い掃除機だったら毎日のことだし辛かったかもしれません。
解体して充電するのも苦ではありませんでした。
白色もキッチンに置いてもスッキリして気に入ってます。
 
紙パックではなく初サイクロンでしたがそのホコリの量にドン引きです。
毎日毎日よく取れるなぁと思います。
目に見えるから毎日の掃除もやりがいがありますね!