読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤ママの日々あれこれ

快適でHappyな暮らし創造中。子育て自分育てしてます。食いしん坊でお茶が大好き。

ゴム通しはヘアピンで代用!~幼稚園スモッグの袖のゴム交換〜

1歳6カ月の娘の断乳をしたいしたいと言いつつ、未だ絶賛授乳中です。

ninjincake.hatenadiary.jp

 

 

さて。

先日3歳息子が週末に幼稚園から持って帰ってきたスモッグ。

洗濯が済んでよく見てみると左の袖口のゴムが伸びきっているではありませんか。

(長袖スモッグに替えてひと月も経ってないのに~!!)

 

袖口はゴムの入替口はないし、自分で治すの嫌だなぁ、と

某ショッピングモールにある“マジックミシン”に問い合わせたところ、

「1200円(税抜)からです」

と。

 

私「それなら自分でやる‼︎」と心の中で即答でした。

スモッグ自体が2000円くらいだったし。

 

しかし、その時にマジックミシンの方が

「そのスモッグは新しいですか?新しいならゴムの繋ぎ合わせの部分が外れただけだと思うので新しいゴムに入替えはしなくて大丈夫だと思います。」

というナイスな発言をしたのを私は覚えておりました~!

 

 

①袖口の一部分をリッパー(一番右)でほどいて。(ほどいた端は玉止め)

 

f:id:ninjincake:20161109210416j:image

私が持っていたゴム通し(真ん中の水色の)は太すぎて袖のゴム部分に通すことが出来なかったのでヘアピンで代用。

 

②ヘアピンにゴムを通して(ゴムが抜けないように一針仮縫いした)

 

③袖口にゴムを入れてゴムの端と端を縫い付けます。

 

④袖口のほどいた部分を縫い合わせたら出来上がり~!

 

 

思うのだけど、基本的な裁縫なんて小・中の家庭科の授業でしかしていない。

それなのに崖っぷちに立たされたら袖口のゴムの補修までできる(お金を出すのが嫌だっただけ)んだよねー。なんとかできるもんだね~。

まぁ縫い目は雑だが息子はそれが当たり前で育つから大丈夫だ!